ぐりちょ GREEN CHOICE

ぐりちょ menu

タオル

素材と生産工程が環境と人に配慮している

  • 綿花が有機栽培である 化学肥料や農薬・殺虫剤に頼らない有機農法で作られたコットンを使用しているのがオーガニックコットン製品です。この農法により、生産地の環境と共に労働者の健康が守られます。オーガニックコットンの認証のためには、遺伝子組み換えでない種を使い、3年以上農薬や化学肥料を使っていない畑で栽培され、また紡績工場で他のコットンと混ざらないことが求められます。 コットン生産には大量の水が必要で、灌漑のために周囲の水資源が枯渇するという事態が起きています。カザフスタンでは、世界で4番目に大きかった湖、アラル海の水量が、40年間に15%にまで減ったといいます。(http://noc-cotton.org/report/?p=2062)
    コットンの発芽効率を上げるため、土や種には化学肥料、防カビ剤が使われ、雑草が生えないように畑には除草剤が使われます。収穫時に邪魔になる葉っぱを枯らすためには落葉剤がまかれます。
    (http://www.made-in-earth.co.jp/organic-cotton/about/)
    これら化学物質は土地や空気を汚染し、生産に携わる人々の健康被害をも引き起こします。世界の農地の2.5%に過ぎないコットン畑で、殺虫剤は世界全使用料の15%、化学肥料と除草剤は世界全使用料の11%が使われています。http://orgabits.com/about/difference
  • オーガニック100認証マークが付いている オーガニック100認証マークが付いているの画像
    ECOCERT により認証されるラベルで、次の事項を満たした商品に与えられます。
    有機製造方法に関するEUの(EEC)規則に従った有機農法の認証を受けた原綿を使用している、あるいはアメリカのUSDA/NOP(米農務省/ナショナル・オーガニック・プログラム)認証を受けた原綿を使用している 。オーガニックコットンが95%以上含まれている。トレーサビリティー(生産履歴の追跡可能性)が保たれている。
    http://www.ecocert.com/en/Organic-Content-standard
  • GOTS認証マークが付いている GOTS認証マークが付いているの画像
    原材料がオーガニックであるだけでなく、生地の生産・加工や保管・流通のすべての過程で環境的・社会的な基準を満たした商品に与えられる認証が、「オーガニック・テキスタイル世界標準(GOTS)」です。 http://www.global-standard.org/

生産者にフェア

  • 児童労働・奴隷労働でつくられていない ファストファッションなど安いコットン製品が大量に作られる影で、途上国の裁縫工場では酷い労働環境で働く女性労働者が多く存在します。2013年には、バングラディシュのダッカ郊外で裁縫工場ビルが倒壊し、死者が1000人以上でる大惨事となりました。労働搾取は外国のみならず、日本においても外国人技能実習生等の問題が指摘されています。
    ウズベキスタンでは人手が足りなくなる収穫時期に学校を休ませて子どもたちを働かせることが公然と行われています。欧米のアパレルブランドはこのことを問題視して、ウズベキスタン産のコットンの使用をボイコットしています。 http://dev-media.blogspot.jp/2013/02/blog-post_14.html
  • 生産者にフェアな取引がされている 消費者が、安いコットン製品を手に入れられる背景には、生産者へ十分な利益がいっていない、不当に安い労働力で働かされているなどの問題があります。原材料の調達から製造段階まで労働者の人権に配慮され、正当な価格での取引がされているかチェックしましょう。 2013年にバングラディシュで5つの縫製工場が入居するビルが崩壊し、死者1,000名以上、負傷者2,500名以上の大惨事になりました。この悲劇をきっかけに、安全管理や防災設備の不備だけでなく、工場労働者の多くが最低賃金すら保障されない長時間労働を行い、児童労働も少なくないことが明らかになりました。これらの工場では欧米の有名ブランドの製品を作っていました。安いコストでサイクルの早いファストファッション製品を作るために、人件費が高騰した中国に代わってバングラディシュの縫製業が急速に発展しましたが、過酷な価格競争のために労働者の人権や安全が軽視されているのが実態です。
    これは衣料品の話ですが、それに限らず、様々な製品を作っている世界のあらゆる工場で、最低限の法律を守るための適切な監視と企業の厳しい努力が行き届かなければ、このような労働搾取が行われてしまうのが現状です。GOTS認証、フェアトレード認証製品を選ぶことで、そのような労働搾取を避けることができます。
  • 国際フェアトレード認証ラベルが付いている 国際フェアトレード認証ラベルが付いているの画像
    Fairtrade Internationalによって認証されるフェアトレードラベルです。 認証の基準は、「生産地域」「生産者」「トレーダー」のそれぞれが守るべき基準と、生産品毎に定められた基準で構成されており、生産者への経済的な配慮を示す「経済的基準」、生産者の労働環境や人権を守る「社会的基準」、環境への配慮を示す「環境的基準」に分けることができます。 日本は食料の60%、衣服の96%を輸入に頼っています。しかし私たちの食べているもの、着ている服が、途上国で劣悪な労働環境や、児童労働、あるいは環境を破壊して作られているケースが多々あります。フェアトレードは、児童労働をなくし、生産者の健康や生命を守り、環境破壊を防ぐためのシステムです。また、生産者に正当な賃金を払い、継続的な取引をしていくことで、経済的自立を促すことにもつながります。日本の消費者が安さのみを追い求めると、そのしわ寄せは結果的に立場の弱い生産者に行ってしまいます。フェアトレード製品を購入することで、途上国に行かなくても、国際協力に貢献することができるのです。

    国際フェアトレード認証ラベルの説明はこちら
    http://www.fairtrade-jp.org/about_fairtrade/intl_license.php
  • 世界フェアトレード機関(WFTO)によるフェアトレード保証制度の認証を受けている 世界フェアトレード機関(WFTO)によるフェアトレード保証制度の認証を受けているの画像
    WFTO(世界フェアトレード機関)によって認証されるフェアトレード団体マークです。 生産者の人権、労働条件、環境への配慮などに関して基準を満たした団体が認定を受け、マークを取得できます。
     日本は食料の60%、衣服の96%を輸入に頼っています。しかし私たちの食べているもの、着ている服が、途上国で劣悪な労働環境や、児童労働、あるいは環境を破壊して作られているケースが多々あります。フェアトレードは、児童労働をなくし、生産者の健康や生命を守り、環境破壊を防ぐためのシステムです。また、生産者に正当な賃金を払い、継続的な取引をしていくことで、経済的自立を促すことにもつながります。
     WFTOの認証基準は「生産者への仕事の機会の提供」「事業の透明性の確保」「公正な取引の実践」「生産者への公正な対価の支払い」「児童労働・強制労働の排除」「差別の禁止、男女平等と結社の自由の保証」「安全で健康的な労働条件」「生産者のキャパシティビルディングの支援」「フェアトレードの推進」「環境への配慮」の10条件です。日本の消費者が安さのみを追い求めると、そのしわ寄せは結果的に立場の弱い生産者に行ってしまいます。フェアトレード製品を購入することで、途上国に行かなくても、国際協力に貢献することができるのです。

    People Treeによる世界フェアトレード機関(WFTO)マークの説明
    http://www.peopletree.co.jp/about/certify.html

    また、認定を受けた団体の製品に使用できる「製品ラベル認証」も存在します。
    http://wfto.com/

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる