ぐりちょ GREEN CHOICE

ぐりちょ menu

アウター

原材料が環境や人に配慮している

  • オーガニックコットンを使用している オーガニックコットンは、作っている人の健康や、地域の環境に配慮したコットンです。オーガニックとは有機栽培の意味で、化学的な農薬や肥料を使わない、遺伝子組み換え技術を利用しない、環境に配慮した農業を目指し、土壌の持つ力を生かして栽培する農法で、オーガニックコットンは、原則、製造全工程を通じて農場、種、肥料・農薬等の国際審査・認証を受け国際有機基準を守って生産されたものをさします。  コットンは、農薬使用量が多く、WHOから多くの健康被害が報告されています。また、土壌汚染を引き起こし、微生物の消滅などにより作物を育てる土壌の力が弱まったり、河川が汚染されたり、生態系に影響を与えたりします。水を大量に使うために世界第4位の面積だった広大な湖アラル海はほぼ消滅した主原因となりした(*1)。また、多くの綿花は遺伝子組み換えで作られています。遺伝子組み換え作物とは、生物の「種」の壁を越えて、微生物など他の生物から取り出した遺伝子を植物に組み込んだ作物ですが、人体や環境への影響はまだわかっておりませんし、企業が種を独占しようとして小規模な伝統的な農家の暮らしを奪ったりするケースが報告されています。
     オーガニックコットンは、3年以上農薬や化学肥料を使わない畑で栽培されることが必要で、化学農薬・化成肥料、そして環境ホルモンや遺伝子組み換え技術を避けて、自然のままの健全な生態系をめざします。また、労働者の雇用条件・労働環境についても基準が設けられています。アパレルにおけるオーガニックとは、有機農法で育てられた繊維を指すケース、またはその有機的な状態を保ったまま加工した製品を指すケースがあります。オーガニックは化学的な農薬・肥料を使わない、遺伝子組み換え技術を使用しないことを、サプライチェーン全体に求めています。GOTS認証は加工工程の化学薬品(染料など)使用制限、水処理方針、「児童労働禁止」など労働基準を設定しており、OCS認証はトレーサビリティ(生産履歴の追跡)の証明重視で、カラフルでデザイン性の求められるものにも対応しています。
     オーガニックコットンの基準は満たせないが、水と農薬の使用を減らし、農家のコスト削減を目指しているベターコットンイニシアチブのように比較的多くの企業が採用しやすい認証もあり、従来のコットンに比較すると「より良い」というものもあります。

    (*1)日本オーガニックコットン協会
    http://www.joca.gr.jp/about_oc/aboutoc_01.html
    日本オーガニック&ナチュラルフーズ協会
    http://www.jona-japan.org/qa/
  • リサイクルされた素材を使っている 廃棄物を製品の原材料として再利用する「マテリアル・リサイクル」は、環境への負荷が少ないものとして注目されています。  環境に過度な負荷をかけない方法として、廃棄物等を再資源化するリサイクルがあります。ペットボトルからできる布や、バナナの葉っぱからできる繊維などがあります。また羽毛を再生した商品なども開発されています。
    廃品や資源の再利用、再生のすべてを含むリサイクルの中でも、廃棄物を製品の原材料として再利用する「マテリアル・リサイクル」は、環境への負荷が比較的少ないものとして注目されています。原材料生産のための新たな資源の投入量、廃棄物の排出量やエネルギー消費量が少なくなる可能性があります。しかし、「リサイクル」と言っても時に過度なエネルギー消費が必要なこともあり、環境により大きなダメージを与える可能性があります。どのようなリサイクルのされ方をしているかを調べることが必要です。また、そもそも買う時に、このアウターは必要があるかを考えることが最も重要だと言えます。
  • 環境に負荷をかけない革を使用している 革は、生産時の排水やなめし工程で出される汚染、大量の水利用など環境へ与える負荷が極めて大きいものがあります。また、労働現場では労働者の安全や健康が脅かされています。 革製品を使用することによる問題は二つあります。第一に、皮なめし工場の排水による環境問題です。汚染の原因となるのは皮なめし用の化学薬品で、なめし工程でクロムやホルムアルデヒドなどの多様の有害な化学物質を使用しているとの報告があります。化学薬品を用いたなめしは、安価に大量の製品を安定した品質でなめすことができるといったメリットはありますが、クロムは焼却すると六価クロムになり、極めて強い毒性を持ちます。このような労働現場は、バングラデシュなどの発展途上国に多く見られ、しっかりとした安全な装備をせずに18歳未満の子どもなどが極めて安い賃金で働かされています。(*1)
     第二に、レザーの生産のためには、大量の水が使われています。Water footprint networkによると、牛革1kgを作るために使われる水は、17,093リットルと言われており、その3%は、製品製造によって排出された汚染物質を基準値以下にするために必要とされる水です。(*2)
     環境や人に配慮した皮革製品を使うために、フェアトレードのものや認証がついているものを選びましょう。(*3)

    (*1)ヒューマンライツウォッチ
    https://www.hrw.org/report/2012/10/08/toxic-tanneries/health-repercussions-bangladeshs-hazaribagh-leather
    (*2)アニマルライツセンター
    http://www.arcj.org
    (*3)日本皮革技術協会エコラベル基準値・運用システム策定委員会.「革・革製品に対する環境ラベルの現状」
    http://www.hikaku-kyo.org/htdoc/wdlabel-1.html

労働者の人権に配慮している

  • 適切な労働環境によって作られたことが保証されている 私たちの良く知っているアパレルメーカーは、低価格競争=“ファストファッション”需要に応えるため、発展途上国など海外に生産を委託している場合が多くあります。生産現場が労働者に配慮した労働環境となっているか、労働者が子どもではなく適切な年齢であるかなど、メーカーが保証しているものを選ぶ必要があります。  2013年4月24日、バングラデシュの首都ダッカ近郊で、5つの縫製工場が入居していたラナ・プラザビルが倒壊し、1100名以上の労働者が死亡し1500名以上が負傷する事故が起こりました。前日に亀裂が入り、1階のショッピングセンターなどは退避しましたが、オーナーが働くことを強要し工場は稼働していたのです。この事故をきっかけに、バングラデシュの縫製産業の搾取労働に注目が集まりました。
    劣悪な環境での労働、最低賃金以下の低報酬、長時間労働、いじめ、体罰、お粗末な防災設備など労働搾取の実態が明らかになりました。
     2013年6月5日付の米国ブルームバーグ社の記事「Ninety Cents Buys Safety on $22 Jeans in Bangladesh」によると、ジーンズの価格約2200円中、バングラデシュの工場で安全にかけられる値段は約90円ほどだということです。約2,200円のジーンズの生産コストのうち、原材料612円、縫製工場116円、卸業者・輸送433円、流通・小売・税金1,050円、縫製工場にかかる116円中工場の利益は26円。残された90円が、管理者給料、不動産、労働者賃金、安全管理、諸経費等の工場の経常支出ですが、輸入企業からの圧力がかかり、この90円すら確保できない場合があります。真っ先に削られるのが「労働者の安全と賃金」なのです。
  • 売上の一部が労働環境の改善に使われる 商品の売り上げに対して、その一部をNPO/NGOへの寄付(物資・金銭)や、ビジネスモデルを生かしての支援・雇用創出などに寄付をするしくみがあります。 本業の利益、ビジネスモデルを生かして課題を解決するさまざまなプログラムを実施することが推奨されますが、具体的には以下のような取り組みがあります。
    ①NPO/NGOへの寄付
    ②地域の団体または自社で職業訓練機会を生み、就職の支援を行う
    ③地域の団体へ自社の仕事を依頼する
    ④物資支援
    このようにプログラム自体は良いことですが、①・④のケースでは販売する商品そのものも環境や人権に配慮していること、②・③のケースでは適切な工賃が継続的に支払われている商品であることが、前提として必要です。
  • 国際フェアトレード認証ラベルが付いている 国際フェアトレード認証ラベルが付いているの画像
    Fairtrade Internationalによって認証されるフェアトレードラベルです。 認証の基準は、「生産地域」「生産者」「トレーダー」のそれぞれが守るべき基準と、生産品毎に定められた基準で構成されており、生産者への経済的な配慮を示す「経済的基準」、生産者の労働環境や人権を守る「社会的基準」、環境への配慮を示す「環境的基準」に分けることができます。 日本は食料の60%、衣服の96%を輸入に頼っています。しかし私たちの食べているもの、着ている服が、途上国で劣悪な労働環境や、児童労働、あるいは環境を破壊して作られているケースが多々あります。フェアトレードは、児童労働をなくし、生産者の健康や生命を守り、環境破壊を防ぐためのシステムです。また、生産者に正当な賃金を払い、継続的な取引をしていくことで、経済的自立を促すことにもつながります。日本の消費者が安さのみを追い求めると、そのしわ寄せは結果的に立場の弱い生産者に行ってしまいます。フェアトレード製品を購入することで、途上国に行かなくても、国際協力に貢献することができるのです。

    国際フェアトレード認証ラベルの説明はこちら
    http://www.fairtrade-jp.org/about_fairtrade/intl_license.php
  • 世界フェアトレード機関(WFTO)によるフェアトレード保証制度の認証を受けている 世界フェアトレード機関(WFTO)によるフェアトレード保証制度の認証を受けているの画像
    WFTO(世界フェアトレード機関)によって認証されるフェアトレード団体マークです。 生産者の人権、労働条件、環境への配慮などに関して基準を満たした団体が認定を受け、マークを取得できます。
     日本は食料の60%、衣服の96%を輸入に頼っています。しかし私たちの食べているもの、着ている服が、途上国で劣悪な労働環境や、児童労働、あるいは環境を破壊して作られているケースが多々あります。フェアトレードは、児童労働をなくし、生産者の健康や生命を守り、環境破壊を防ぐためのシステムです。また、生産者に正当な賃金を払い、継続的な取引をしていくことで、経済的自立を促すことにもつながります。
     WFTOの認証基準は「生産者への仕事の機会の提供」「事業の透明性の確保」「公正な取引の実践」「生産者への公正な対価の支払い」「児童労働・強制労働の排除」「差別の禁止、男女平等と結社の自由の保証」「安全で健康的な労働条件」「生産者のキャパシティビルディングの支援」「フェアトレードの推進」「環境への配慮」の10条件です。日本の消費者が安さのみを追い求めると、そのしわ寄せは結果的に立場の弱い生産者に行ってしまいます。フェアトレード製品を購入することで、途上国に行かなくても、国際協力に貢献することができるのです。

    People Treeによる世界フェアトレード機関(WFTO)マークの説明
    http://www.peopletree.co.jp/about/certify.html

    また、認定を受けた団体の製品に使用できる「製品ラベル認証」も存在します。
    http://wfto.com/

動物に配慮している

  • 動物に配慮したフェザー・ダウン、またはそれに代わる素材を使っている フェザー・ダウンの多くは、主にガチョウやアヒルなどの水鳥の体から、マシーンプラッキング(鳥の死骸から機械でむしり取る)、ハンドプラッキング(鳥の死骸から手でむしり取る)、ライブハンドプラッキング(生きた鳥から手でむしり取る)という方法で採取します。アニマルライツ、アニマルウェルフェアに配慮したものを選びましょう  一般的に水鳥から採取される「ダウン」と「フェザー」ですが、多くは寝具やクッション、衣料などに使われています。ダウンとフェザーの最大の産地(輸出国)は中国とハンガリーです。
     マシーンプラッキングは、鳥の死骸から機械でむしり取る方法で、肉や卵、フォアグラをとるため、まず水鳥の卵を温度管理された孵化機で大量に孵化させます。食肉用の水鳥は生後1~3ヵ月くらい、フォアグラ用では4ヶ月足らず、採卵用の鳥はおよそ数年で、殺されるために屠殺場兼プラッキングの工場へ運ばれます。工場に運ばれた鳥たちは、フックに足を掛けて逆さに吊るされ、首の動脈を切られて血を抜かれ殺された後、ベルトコンベアーでプラッキングマシーンという機械に運ばれます。これは洗濯機のようなもので、回転するドラムに直径3cm長さ15cm位のゴムがたくさんついており、それで羽毛と羽根をむしり取ります。マシーンプラッキングは機械作業なので、羽毛と羽根に血や翼羽根等不必要なものが混じります。この血のついた羽毛と羽根の山は、洗浄工場へ運ばれ、粉塵を除去し、洗浄、殺菌、選別を行います。羽毛と羽根を抜かれた鳥の身体は、食用/飼料用として出荷されます。実は、ダウン/フェザーの多くは、鳥肉やフォアグラ、卵などの生産業の副産物なのです。そして、こうした産業そのものがほとんどの場合、過密で監禁的な大量飼育を行なっています。ダウン・フェザーは虐待的飼育の副産物といえます。
     ライブハンドプラッキングは、生きた鳥から手でむしり取る方法で、生後12~14週間で1回目のプラッキングが行われます。これは、作業員が一羽一羽の鳥を押さえこみ、無理やり胸から腹にかけての羽毛をむしり取るというものです。この後、屠殺工場に運ばれるまでのおよそ4~5年の間、約6週間おきにこのハンドプラッキング作業が繰り返されます。羽毛を生産できなくなった鳥は、屠殺工場に運ばれ、フックに足を掛けて逆さに吊るされ、首の動脈を切られ血を抜かれて、プラッキングで最後の羽毛と羽根をむしられた後、ベルトコンベアーに乗せられ解体されていきます。その後、食用もしくは飼料用として出荷されます。
     ライブハンドプラッキングは手で行うといっても、商品であるダウンを傷つけないようにするためのもので、鳥の苦痛を配慮したものではまったくありません。生きた鳥を仰向けにして首と足を押さえつけ、胸から腹にかけてのやわらかい羽毛を強引にむしり取るのですから、その際に鳥たちは「キーキー、ギャーギャー」と悲痛な叫び声をあげます。骨折や窒息をする鳥もあります。乱暴に羽毛をむしるために、鳥たちは皮膚が裂けるほどの傷を負い血を流すことがありますが、その治療法は無麻酔のまま太い針で縫いつけるといったひどく残酷な方法で、とても治療とはいえません。作業員の手から離れた鳥たちは、一目散に逃げ出すか、ピクピクと痙攣しうずくまっています。胸元の羽毛をむしり取られた鳥たちは見るからに痛々しく、水の冷たさや寒さから身を守ることもできないでしょう。この方法の残酷さが問題視されるにつれ、業界は、ダウン/フェザーの90%以上は食用の水鳥などの死骸から取ったものであると主張していますが、50〜80%が、より儲かるという理由で生体からむしり取られたものだという推計もあります。
    また、ハーベスティングといって自然に抜け落ちる羽毛のみを採取する方法もありますが、これでは安価で販売されているダウンジャケットなどの生産に追いつくわけがありません。
    本来、ガチョウやアヒルに生えている羽毛や羽根は、厳しい寒さから鳥の身を守り、卵やヒナを温め保護するために親鳥が巣に敷き詰めるものです。温かくやわらかな羽毛は、人間の寝具や衣料になるために生えているわけではないのです。この鳥たちは、本来はガチョウで20~40年、アヒルは10~20年と長命ですが、こうして飼育される鳥たちは、子供のために羽毛を使うこともなく人間に搾取され続け、その苦痛に満ちた短い一生を終えるのです。

    (参考)
    アニマルライツセンター
    http://www.arcj.org/animals/cloth/00/down.html

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる