ぐりちょ GREEN CHOICE

ぐりちょ menu

シャンプー

環境

  • 環境に配慮されている容器包装(過重包装、プラ削減)である 容器包装ごみは家庭ごみの約6割(体積)を占めておりごみ問題の大きな原因になっています。ポイ捨てされたペットボトルは、海洋ごみの要因となりとなり、生態系への悪影響が指摘されています。また、容器包装ができるだけ少ない商品を選ぶことで、環境負荷を低減出来ます。
  • 森林を破壊しないように配慮されている 熱帯雨林を切り開き、樹木を倒して広大な土地がプランテーション化し生産効率をあげるだけの栽培は持続可能ではありません。森を破壊することなく、もともとある森の生態系を活かしながら多種類の樹木や作物を組み合わせて育てる伝統的な栽培方法としてアグロフォレストリーなどの基準があります。
  • パーム油を使用していない パーム油を生産するために、ボルネオ島やスマトラ島など野生生物が多く生息している熱帯林が破壊されて大規模農園(プランテーション)が作られています。大規模農園のために先住民が永く暮らしてきた土地を奪われ、農園内での奴隷労働や児童労働、近隣地域での農薬被害も指摘されています。

人権

  • 生産者にフェアな取引がされている 第三者によるフェアトレード認証を受けていなくとも、独自の基準で生産者と直接取引を行い、現地の様子や生産者とのやり取りを紹介しながらフェアな取引を行っていることを説明する企業や団体もあります。
  • 生産者の労働環境に配慮されている 海外に生産を委託している場合は特に、生産現場が労働者に配慮した労働環境となっているか、労働者が子どもではなく適切な年齢であるかなど、メーカーが保証している(または国際フェアトレード認証ラベルが付いている)ものを選ぶ必要があります。

  • 児童労働・奴隷労働なし 子どもを搾取する労働や、経済的弱者が過酷な労働や長時間労働など、悪質な労働環境のもとで働かされていないものを選ぶことが大事です。
  • 売上の一部を労働環境の改善に使用している 国際フェアトレード認証ラベルが付いている。
  • パーム油を使用していない パーム油を生産するために、ボルネオ島やスマトラ島など野生生物が多く生息している熱帯林が破壊されて大規模農園(プランテーション)が作られています。大規模農園のために先住民が永く暮らしてきた土地を奪われ、農園内での奴隷労働や児童労働、近隣地域での農薬被害も指摘されています。

動物

  • 動物実験を行わない商品である 動物実験では、シャンプー等の原料をウサギの目に注入する、マウスの口から強制的に飲ませる、モルモットの背中に塗ってをアルミホイルで覆いUVランプを照射し続けるなどが行われ、動物たちは実験で苦しめられた後、すべて殺処分され、廃棄されます。 動物実験を行わないと宣言しているメーカーを選びましょう。
    また植物性のものや、オーガニック素材のものを選ぶことも良い選択です。
    ※中国に輸出する際には動物実験が求められるため、中国進出企業は100%Cruelty Freeではありません。
  • 動物性の原材料を使用していない 牛肉、豚肉、鶏肉、卵、乳などの畜産物には膨大な環境汚染や温室効果ガスの排出が伴います。動物性原材料を避けることでこれらに加担せずに済みます。また、畜産物の消費はより多くの動物の苦しみと犠牲につながります。 主に牛や馬から獲られた皮下脂肪が使われており、その牛も馬も、工場畜産の中で苦しんで飼育され、殺された後に採取されるものです。オレイン酸、パルミチン酸、パルミトレイン酸、リノール酸、リノレン酸などと表示されています。
条件を指定して商品を絞り込む

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる