ぐりちょ GREEN CHOICE

ぐりちょ menu

鶏の福祉、飼育方法

  • 平飼いである 屋内で自由に過ごすことができる飼育方法です。ただ、その飼育方法は厳密にはきまっておらず、マチマチです。けれども、鶏たちは自由に羽根を伸ばしたり走ったり、巣の中で卵を生むことができ、ケージに閉じ込められているよりも間違いなく福祉的、健康的な飼育です。
  • 放し飼い(放牧)である 放し飼い(放牧)とは、屋内にも屋外にもアクセスできる自由な空間で過ごしている飼育の仕方で、動物の自然な行動に最も近い福祉的、健康的な飼育方法です。自然な行動ができる鶏はストレスが低く健康です。卵の放し飼いという表示は、公正取引委員会によって規定されており、1羽あたりの広さも規定されています。
    この放飼い(放牧)の環境ではなく、太陽の光を全く浴びないケージ飼育の鶏たちの周囲にはダニやワグモやハエ、ウジなどが寄生しています。これらを駆除するために定期的に強力な駆虫薬が鶏の体中に散布されますが、駆虫薬を直接又はエサから体に取り込んだ直後の卵も出荷されており、さらに駆虫薬が一度付着した卵が出荷される(洗浄はされます)こともあります。駆虫薬を散布された後20日~34日、薬剤は鶏の体内に残っています。
  • 地鶏の卵である 地鶏は通常の鶏肉用の鶏よりも品種改変がなされておらず、ゆっくり自然な速度で成長するため身体への負担が少なくなります。また地鶏の規定があり、一定の福祉的な飼育が担保されています。地卵と表現されることもあります。
  • クチバシの切断をしていない 採卵用の鶏の多くはクチバシを切断されています。鳥にとってクチバシは複雑に神経が通う機能的な器官です。切断時の痛みとともに、その後長期にわたって慢性的な痛みを経験すると言われています。 つつく行為は鶏の採食探索行動に必要なものであり自然なものですが、飼育下で仲間同士のを防ぐためには、飼育密度を低くする、藁やおがくずを敷いたり藁の固まりなどつつくものを与える、群れの羽数を小さくする、砂浴びと止まり木を設置するんど動物の習性に配慮する、動物性のエサを与えないなどの方法があります。

飼料

  • 色をよく見せるために色素を飼料に加えていない 鶏の黄身の色はエサを変えればすぐに変わります。濃い黄色にするためにエサにパプ リカなどの色素を与えて色を変えていることがほとんどです。本来黄身の色が黄色くなるのは、色の濃い草をついばむからです。なお、殻の色の違いは鶏の種類の違いであって、栄養素や動物福祉の違いはありません。
  • 遺伝子組換え飼料を使っていない 飼料には多くは遺伝子組み換え作物が使われています。飼料に遺伝子組み換え作物が使われていても表示や公開の義務は現在ありませんが、良心的な生産者は遺伝子組み換え作物を避けていることを表示しています。
  • 国産飼料を30%以上使っている 日本の飼料自給率は27%*と低く、とくに鶏が食べる濃厚飼料の国内自給率はたったの13%*です。輸入飼料は、フードマイレージが高くなると同時に生産地域の水資源の圧迫にもつながります。* 農林水産省(平成26年) 国内産飼料なら、10個パックの卵を作る時に必要な1.7kgの穀物と1,960リットルの水の負担を海外に押し付けずにすみます。

環境・食の安全への配慮

  • 抗生物質を使用していない 抗生物質の多用は、重要な薬剤の耐性菌を生み出してしまいます。成長促進や予防的に使用することは避けるべきですが、日本には規制はありません。現在日本で使用されている抗生物質の3分の2は飼育動物・養殖魚です。産卵中の鶏の抗生物質の投与 は原則行われていませんが、それ以外の期間は使用されています。 しかし、日本の95.2%の養鶏場が使うケージ飼育の場合は、太陽の光にあたって殺菌することも、砂浴びをして寄生虫を落とすことも、運動をして体力をつけることもできません。抵抗力がなくストレスが大きい飼育は、病気の鶏を生み出します。ケージ飼育の鶏には、あらゆる種類の病気のワクチンが摂取されています。FAO(国連食糧農業機関)やOIE(国際獣疫事務局)は、食の安全のために動物福祉を推進しています。
    ※個々の動物の病気の治療への適切な使用は動物福祉の担保のために必要
    *https://amr-review.org/
  • 有機JAS認証マークが付いている、もしくは同等の取り組みがなされている 卵に有機マークをつけるには、鶏に与える飼料を有機栽培されたものを用いる必要があります。ただ、有機JAS認証マークがついていなくても、同等の取り組みをされている場合もあります。

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる