ぐりちょ GREEN CHOICE

ぐりちょ menu

トイレットペーパー

森林保全

  • トイレットペーパーは使用後に再生利用できないものなので、他の紙製品以上に古紙利用が最優先です。森を守るためには、ピュアパルプの消費量そのものを減らすことが大切です。
    詳細
  • 世界では、現在でも違法な森林伐採が続き生物多様性を損ね地域住民の生存権や人権を脅かしている地域があります。森林は、適切に管理することによって、いつまでも使い続けることのできる持続可能な資源です。将来世代の需要を損なわずに、現在世代の需要を満たし、持続可能な森林管理を目指すため、森林資源の認証制度があります。その代表的なものとしてFSC認証があります。
    詳細

資源の有効活用

  • 使用時に引き出すペーパーの長さは、シングル巻、ダブル巻に関わらず個人の習慣でほぼ決まっているため、1回あたりの紙の使用量はシングル巻の方が2~3割程度少なくすみます。資源の節約になるとともに下水処理の負荷も小さくなります。
    詳細
  • トイレットペーパーの芯に使われる紙管は1本あたりおよそ5gですが、全国で年間約3万トンが消費されています。そのほとんどはリサイクルされずに捨てられています。トイレットペーパーホルダーの軸の太さに応じた芯なし製品もあります。
    詳細
  • 欧州などでは100mm幅のロールが一般的に使用されており、日本でも最近は業務用や生協などで、幅100~110mmの商品が取り扱われるようになっています。尚、一般に販売されている商品の多くはJIS規格で定められたトイレットロール幅の114mmです。
    詳細

環境負荷

  • 日本では、「消費者の好み」という不確かな理由で欧州などより白色度が高い製品が製造・販売されています。製品に過度な白色度を求めると、より多くの漂白剤や脱墨剤(古紙の場合)などの化学物質を使用することになります)
    詳細
  • 着色や着香、柄などの印刷がある製品も、それらがないものに比べて生産に必要なエネルギーが増えるために環境負荷が大きくなります。さらに、化学物質によるアレルギーが起こる場合もあります。
    詳細
「トイレットペーパー」に商品を推薦する

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる