ぐりちょ GREEN CHOICE

ぐりちょ menu

緑茶

茶の栽培方法が生態系に配慮している

  • 自然農法は、耕さない、除草をしない、無農薬、肥料を与えない農法です(耕起、施肥、除草限定的に認める考えもある)。茶草場農法は、茶園周辺で刈り取った野草を、茶畑に有機肥料として投入する農法です。これら農法では、茶畑は、いわゆる里地としての豊かな生態系が維持されています。
    詳細

有機農法でつくられている

  • 農薬は、土壌と水を汚染し生態系に悪影響を及ぼし、働く人たちに健康被害をもたらすおそれがあります。また、農薬と化学肥料に依存した農業は土壌の劣化を招きます。日本の有機JAS認証の基準には3年間以上、無農薬、無化学肥料で農業を続けていることが求められています。有機JAS以外にも、各国に同様の認証マークがあります。
    詳細
  • 有機JASマークの取得と維持には、かなりの費用がかかり、小規模農家では経済的に難しい場合もあります。第三者による認証を受けていなくとも、農薬を使わず、肥料にも気を遣い、その土地に合わせた栽培方法を選んで生産されているものがあります。
    詳細

ペットボトル、缶入りの緑茶飲料ではない

  • ペットボトル、缶、紙パックに入れた緑茶飲料が多く消費されています。容器包装ごみは家庭ごみの約6割(体積)を占めておりごみ問題の大きな原因になっています。また容器製造、流通販売、リサイクル過程で、多くのエネルギーが消費されています。さらにポイ捨てされたPETボトルは、海洋ごみの要因となりとなり、生態系への悪影響が指摘されています。
    詳細
「緑茶」に商品を推薦する

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる