ぐりちょ GREEN CHOICE

ぐりちょ menu

スニーカー

労働者の人権に配慮している

  • 私たちの良く知っている靴メーカーは、海外に生産を委託している場合がほとんどです。生産現場が労働者に配慮した労働環境となっているか、労働者が子どもではなく適切な年齢であるかなど、メーカーが保証しているものを選ぶ必要があります。
    詳細
  • 現在日本で売られているファッション製品の90パーセント以上が海外で製造された製品です。ファストファッション業界などは、生産地で労働者を低賃金で働かせることで、安い製品を大量に作ることを可能にしています。
    詳細

原材料が環境や人に配慮している

  • 靴に使われる革は、生産時の排水やなめし工程で出される汚染、大量の水利用など環境へ与える負荷が極めて大きいです。
    詳細
  • オーガニックコットンは、作っている人の健康や、地域の環境に配慮したコットンです。オーガニックとは有機栽培の意味で、化学的な農薬や肥料を使わない、遺伝子組み換え技術を利用しない、環境に配慮した農業を目指し、土壌の持つ力を生かして栽培する農法で、オーガニックコットンは、原則、製造全工程を通じて農場、種、肥料・農薬等の国際審査・認証を受け国際有機基準を守って生産されたものをさします。
    詳細
  • 廃棄物を製品の原材料として再利用する「マテリアル・リサイクル」は、環境への負荷が少ないものとして注目されています。
    詳細
  • 靴の表面・内側が剥がれたり、靴の底が外れてしまったりしたために買い替える人も多いのではないでしょうかが、メーカーが修理(リペア)を受け付けているケースがあります。
    詳細

認証マークがついている

  • 国際フェアトレード認証ラベルが付いているの画像 Fairtrade Internationalによって認証されるフェアトレードラベルです。 認証の基準は、「生産地域」「生産者」「トレーダー」のそれぞれが守るべき基準と、生産品毎に定められた基準で構成されており、生産者への経済的な配慮を示す「経済的基準」、生産者の労働環境や人権を守る「社会的基準」、環境への配慮を示す「環境的基準」に分けることができます。
    詳細
  • FSC認証マークが付いているの画像 FSCは、持続可能な森林経営に対する認証機関です。法律の遵守、労働者や先住民の権利、環境への影響、管理・モニタリング・評価などからなる10原則を満たした森林管理(FM)認証と、生産・加工・流通過程の管理(CoC)認証で保証することで、経済的・環境的・社会的に持続可能な森林管理の実現をめざしています。FSC認証は靴底のゴムに使われることがあります。
    詳細
「スニーカー」に商品を推薦する

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる