ぐりちょ GREEN CHOICE

ぐりちょ menu

タオル

素材と生産工程が環境と人に配慮している

  • 化学肥料や農薬・殺虫剤に頼らない有機農法で作られたコットンを使用しているのがオーガニックコットン製品です。この農法により、生産地の環境と共に労働者の健康が守られます。オーガニックコットンの認証のためには、遺伝子組み換えでない種を使い、3年以上農薬や化学肥料を使っていない畑で栽培され、また紡績工場で他のコットンと混ざらないことが求められます。
    詳細
  • オーガニック100認証マークが付いているの画像 ECOCERT により認証されるラベルで、次の事項を満たした商品に与えられます。 有機製造方法に関するEUの(EEC)規則に従った有機農法の認証を受けた原綿を使用している、あるいはアメリカのUSDA/NOP(米農務省/ナショナル・オーガニック・プログラム)認証を受けた原綿を使用している 。オーガニックコットンが95%以上含まれている。トレーサビリティー(生産履歴の追跡可能性)が保たれている。
    詳細
  • GOTS認証マークが付いているの画像 原材料がオーガニックであるだけでなく、生地の生産・加工や保管・流通のすべての過程で環境的・社会的な基準を満たした商品に与えられる認証が、「オーガニック・テキスタイル世界標準(GOTS)」です。
    詳細

生産者にフェア

  • ファストファッションなど安いコットン製品が大量に作られる影で、途上国の裁縫工場では酷い労働環境で働く女性労働者が多く存在します。2013年には、バングラディシュのダッカ郊外で裁縫工場ビルが倒壊し、死者が1000人以上でる大惨事となりました。労働搾取は外国のみならず、日本においても外国人技能実習生等の問題が指摘されています。
    詳細
  • 消費者が、安いコットン製品を手に入れられる背景には、生産者へ十分な利益がいっていない、不当に安い労働力で働かされているなどの問題があります。原材料の調達から製造段階まで労働者の人権に配慮され、正当な価格での取引がされているかチェックしましょう。
    詳細
  • 国際フェアトレード認証ラベルが付いているの画像 Fairtrade Internationalによって認証されるフェアトレードラベルです。 認証の基準は、「生産地域」「生産者」「トレーダー」のそれぞれが守るべき基準と、生産品毎に定められた基準で構成されており、生産者への経済的な配慮を示す「経済的基準」、生産者の労働環境や人権を守る「社会的基準」、環境への配慮を示す「環境的基準」に分けることができます。
    詳細
  • 世界フェアトレード機関(WFTO)によるフェアトレード保証制度の認証を受けているの画像 WFTO(世界フェアトレード機関)によって認証されるフェアトレード団体マークです。 生産者の人権、労働条件、環境への配慮などに関して基準を満たした団体が認定を受け、マークを取得できます。
    詳細
「タオル」に商品を推薦する

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる