ぐりちょ GREEN CHOICE

ぐりちょ menu

「豆腐」に商品を推薦する

必須

必須

見つけたお店や、事務局とのやりとりをご要望の場合は連絡先などご記入ください。

原材料が環境と人と食の安全に配慮している

  •  原材料に「大豆(国産)」と表示されているもの、またはパッケージに「国産大豆100%使用」と書かれたものを選ぶことで、ポストハーベスト(収穫後)農薬や遺伝子組み換えの大豆を使うリスクを減らすことができます。
    詳細
  •  大豆には生産性を上げるために化学肥料や農薬が大量に使われていることがあります。大豆が、生産地の人々の健康に配慮し、生物多様性を保全し、大地や水の汚染、汚濁を招かないような農法で作られているかが重要です。
    詳細
  • フェアトレードの商品を選ぶことで、安全な食品を選ぶことができるとともに、生産者の暮らしや環境保全を支援することにつながります。豆腐や大豆製品も少ないですが、フェアトレードの大豆を原材料としたものが日本で手に入ります。
    詳細

本来の製法である

  • 安全性と栄養価の高い豆腐を選ぶには、凝固剤として「塩化マグネシウム」「塩化マグネシウム含有物」「粗製海水塩化マグネシウム」と表記される天然にがりを使用したものを選びましょう。
    詳細
  • 製造過程で発生する泡を薬剤で除去していないものを選びましょう。
    詳細

廃棄物が少ない

  • 豆腐をつくるとおからができます。おからは栄養価の高い食品ですが、現在では消費は限られており、約9割は廃棄されています。おからを出さない豆腐は廃棄物の削減につながります。
    詳細
  • 容器包装ごみは家庭ごみの多くを占めています。中でもプラスチックごみは急増しています。環境中で分解しにくいため、容器包装材としてプラスチックそのものの使用を減らしていくことが重要です。豆腐も発泡スチレンシートなどプラスチック容器に入れて売られているのが大半です。近くに豆腐屋さんがあり家庭から持参した容器や鍋などに入れてもらえると、ごみそのもの削減につながります。またプラスチック容器ごみは、きちんと処理されないと海洋汚染につながる可能性があります。
    詳細

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる