ぐりちょ GREEN CHOICE

ぐりちょ menu

「紅茶」に商品を推薦する

必須

必須

見つけたお店や、事務局とのやりとりをご要望の場合は連絡先などご記入ください。

生産者にフェア

  • Fairtrade Internationalによって認証されるフェアトレードラベルです。 認証の基準は、「生産地域」「生産者」「トレーダー」のそれぞれが守るべき基準と、生産品毎に定められた基準で構成されており、生産者への経済的な配慮を示す「経済的基準」、生産者の労働環境や人権を守る「社会的基準」、環境への配慮を示す「環境的基準」に分けることができます。
    詳細
  • WFTO(世界フェアトレード機関)によって認証されるフェアトレード団体マークです。 個別商品ではなく、生産者の人権、労働条件、環境への配慮などに関して基準を満たした団体が認定を受け、マークを取得できます。
    詳細
  • 第三者によるフェアトレード認証を受けていなくとも、独自の基準で生産者と直接取引を行い、現地の様子や生産者とのやり取りを紹介しながらフェアな取引を行っていることを説明する企業や団体もあります。
    詳細

有機栽培・無農薬

  • 化学肥料や農薬を大量に使われると、働く人たちに大きな健康被害をもたらします。また、土壌、水汚染、生態系の破壊につながります。化学肥料と農薬を用いない有機農法に関しては、日本の有機JASのほか、アメリカのUSDA認証、EU認証など、各国に同様のものがあります。またJONAは民間団体のIFOAM(国際有機農業運動連盟)に認可された認証機関で、国際的な基準で認証することができる機関とされています。
    詳細
  • 有機マークの取得と維持には、費用がかかり煩雑な手続きが必要です。小規模農家では対応が難しい場合もあります。第三者による認証を受けていなくとも、農薬を使わず、肥料にも気を遣い、その土地に合わせた栽培方法を選んで生産されているものがあります。
    詳細
  • もともとある森の生態系を活かしながら、多種類の樹木や作物を組み合わせて育てる、自然と共生する栽培方法のことです。熱帯雨林を切り開き、樹木を倒して広大な土地をプランテーション化し、生産効率をあげるだけの栽培は持続可能ではありません。
    詳細
  • 農業生産と自然環境への配慮を両立するための第三者認証の一つとしてレインフォレスト・アライアンス認証があります。この認証を取得するには、森林の維持拡大、土壌の保全、化学物質の削減、野生生物保護等様々な監査を経る必要があります。
    詳細
  • 第三者認証を受けていないものの、生産地の先住民に伝わる伝統的な栽培方法を踏襲していたり、昔からある自然環境の中で栽培を行っていたりすることで、その地域の生物多様性を損ねない農業生産を支援している場合もあります。
    詳細

環境に配慮している

  • ペットボトル、缶、紙パック等の容器包装に入れた紅茶飲料が多く消費されています。容器包装ごみは家庭ごみの約6割(体積)を占めておりごみ問題の大きな原因になっています。容器製造、流通販売、リサイクル過程で、多くのエネルギーが消費されています。またポイ捨てされたPETボトルは、海洋ごみの要因となりとなり、生態系への悪影響が指摘されています。
    詳細
  • ティーバッグは、紙のバッグ自体が使い捨てのごみになってしまいます。一袋ずつは少量ですが、不要な資源の消費とごみの増加は抑えたいものです。
    詳細

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる