ぐりちょ GREEN CHOICE

ぐりちょ menu

「ハンバーガー」に商品を推薦する

必須

必須

見つけたお店や、事務局とのやりとりをご要望の場合は連絡先などご記入ください。

環境

  • 牛肉、豚肉、鶏肉、卵、乳などの畜産物には膨大な環境汚染や温室効果ガスの排出が伴います。動物性原材料を避けることでこれらに加担せずに済みます。また、畜産物の消費はより多くの動物の苦しみと犠牲につながります。
    詳細
  • 牛肉、豚肉、鶏肉、卵、乳などの畜産物が原因でアマゾンやその周辺のセラードやグランチャコなどの生態系が大規模に破壊されています。飼料を含めこれに加担しない肉を使用することが必要です。
    詳細
  • 海外産の原材料には、栽培時に大量の農薬やポストハーベスト農薬(収穫後の保存・輸送時の農薬)が使われていたりする可能性があります。また、大規模に自然を破壊した農園(プランテーション)で作られているものが多く、アマゾンなどの熱帯林減少の要因にもなっています。 一方、国産の原材料を使用することは、海外産の原材料を使用することに比べて輸送の際に排出される温室効果ガスの削減になります。さらに、地産地消で食糧自給率を高めることにより、日本の生産農家の応援につながります。
    詳細
  • 化学肥料や農薬を大量に使われると、働く人たちに大きな健康被害をもたらします。また、土壌、水汚染、生態系の破壊につながります。生産地の人々に配慮し、生物多様性を保全するような農法で作られているかが重要です。
    詳細

人権

  • 先住民から奪った土地で放牧された牛や、生産された穀物を飼料とした畜産物である可能性があります。
    詳細

動物

  • 牛肉、豚肉、鶏肉、卵、乳などの畜産物には膨大な環境汚染や温室効果ガスの排出が伴います。動物性原材料を避けることでこれらに加担せずに済みます。また、畜産物の消費はより多くの動物の苦しみと犠牲につながります。
    詳細
  • 化学肥料や農薬を大量に使われると、働く人たちに大きな健康被害をもたらします。また、土壌、水汚染、生態系の破壊につながります。生産地の人々に配慮し、生物多様性を保全するような農法で作られているかが重要です。
    詳細
  • 肉用家畜や酪農での放し飼い(放牧)とは、屋内にも屋外にもアクセスできる空間での飼育の仕方で、動物の自然な行動により近い福祉的な飼育方法です。卵の平飼いとは檻に閉じ込められていない飼育方法です。平飼いの採卵鶏たちは羽根を伸ばしたり走ったりでき、ケージに閉じ込められているよりも福祉的な飼育です。
    詳細

安全・安心

  • 化学肥料や農薬を大量に使われると、働く人たちに大きな健康被害をもたらします。また、土壌、水汚染、生態系の破壊につながります。生産地の人々に配慮し、生物多様性を保全するような農法で作られているかが重要です。
    詳細
  • 添加物に含まれる化学調味料(うま味調味料、酸味料)や保存料(酸化防止剤、グリセリンなど)は、味覚障害や肥満、アレルギーの危険性や発がん性が指摘されており、摂取による健康被害が発生する可能性があります。
    詳細
  • 肉用家畜や酪農での放し飼い(放牧)とは、屋内にも屋外にもアクセスできる空間での飼育の仕方で、動物の自然な行動により近い福祉的な飼育方法です。卵の平飼いとは檻に閉じ込められていない飼育方法です。平飼いの採卵鶏たちは羽根を伸ばしたり走ったりでき、ケージに閉じ込められているよりも福祉的な飼育です。
    詳細

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる