ぐりちょ GREEN CHOICE

ぐりちょ menu

「ハンバーガー」に商品を推薦する

必須

必須

見つけたお店や、事務局とのやりとりをご要望の場合は連絡先などご記入ください。

パテの材料が環境と人に配慮している

  • 植物性のパテで作られるハンバーガーは、環境にも動物にも人にも配慮しています。動物性のパテを大豆ミートやグルテンミート、高きびなどの植物性のものに替えることで、動物を苦しめなくてすむだけでなく、環境問題や食糧問題の解決にもつながります。また、過度の肉食を避けることは健康面でもメリットがあります。
    詳細
  • 牛は本来、牛独自の社会構造を持ちながら、集団でのんびりと生活していますが、多くの肉牛が狭く不衛生な環境で、痛みを伴うなど動物福祉に配慮されない状態で飼われています。広い土地での放牧が望ましいですが、放牧地が熱帯林を破壊して作られたものであれば、生態系に悪い影響を与えてしまいます。
    詳細

バンズ、野菜、卵その他の具材が環境と人に配慮している

  • 海外産の穀物は、栽培時に大量の農薬やポストハーベスト農薬(収穫後の保存・輸送時の農薬)が使われていたりする可能性があります。また、大規模に自然を破壊した農園(プランテーション)で作られているものもあります。
    詳細
  • 放飼い(放牧)とは、屋内にも屋外にもアクセスできる自由な空間で過ごしている飼育の仕方で、動物の自然な行動に最も近い福祉的な飼育方法です。平飼いとは屋内のみですが自由に過ごすことができる飼育方法です。平飼いの鶏たちも自由に羽根を伸ばしたり走ったり、巣の中で卵を生むことができ、ケージに閉じ込められているよりも福祉的な飼育です(*1)。
    詳細
  • バンズ原材料である小麦や米がなどの栽培時に、生産地の人々の健康に配慮し、生物多様性を保全し、大地や水の汚染、汚濁を招かないような農法で作られているかが重要です。
    詳細
  • 野菜には生産性を上げるために農薬や化学肥料が大量に使われていることがあります。具材が、生産地の人々に配慮し、生物多様性を保全するような農法で作られているかが重要です。
    詳細

認証マークを使用している

  • MSC認証が付いているの画像  私たち人類は、現在、世界の水産資源の約8割を限界まで利用しています。水産資源の持続可能な消費量としてはすでに限界に達していると指摘され、生態学的に危機的な状況であり、将来世代が魚介類を食べられなくなるという現状を示しています。この問題を解決する手段の一つがMSC認証やASC認証です。
    詳細
  • ASC認証マークが付いているの画像  私たち人類は、現在、世界の水産資源の約8割を限界まで利用しています。水産資源の持続可能な消費量としてはすでに限界に達していると指摘され、生態学的に危機的な状況であり、将来世代が魚介類を食べられなくなるという現状を示しています。この問題を解決する手段の一つがMSC認証やASC認証です。
    詳細

ヘルプ(H)

ヘルプウィンドウを閉じる

ブックマーク(D)

現在のページ

ブックマークリスト

ブックマークウィンドウを閉じる